Nゲージ 鉄道院 18900形 蒸気機関車組立キット

    クリックで画像を表示
    クリックで画像を表示
    クリックで画像を表示

    クリックで画像を表示
    ワールド工芸製
    国鉄の前身である鉄道院が1919年に開発した幹線旅客列車用大型テンダー機18900形は国産設計初の2C1パシフィック型軸配置を採用、最高速度は95km/hを誇り、のちにC51形と改称されて超特急「燕」の牽引機も務めた名機です。

    今回のモデルはバッファーを装備し、給水加熱器のない極く初期の姿を再現いたします。8-17テンダーを連結し、ランボードに段差がない18940~28900(後のC5141~101)が該当します。動輪は新設計のダイキャスト輪心を採用いたします。

    ナハ22000などの木造大型客車とほぼ同時に製造された、鉄道院最後の蒸気機関車18900.。その登場時の姿での製品化です。

    写真及び文章はワールド工芸ホームページより